保険選びもサポート

保険選びもサポート 民泊運営代行では保険選びのサポートも行っています。民宿では不特定多数のゲストが宿泊するので、居住用の「住宅物件」として扱われないので、万が一事故や火災が発生した場合一般住宅用の火災では適用されないという問題が起きる可能性もあります。大きな事故などが発生した場合、保険金が支払われないことに気がついて手遅れになってしまう前に「民泊適用」に加入します。
まず、部屋の管理不備や設備不良によって滞在していたゲストに怪我を負わせてしまった場合やゲストの不注意によって部屋内で火災などが発生した場合適用されます。民泊運営代行はそのほかにもさまざまなサポートをしていてすでに稼働中の民泊物件を持っている人が利用すると大きなメリットがあります。相談を受け付けているアドバイザーは経験豊富で知識やノウハウまで知り尽くしているプロフェッショナルな人がたくさんいます。個人オーナーの人には特に具体的で高い実現性のあるアドバイスをしています。

民泊運営代行を営む場合に加入するべき保険の種類とは

民泊運営代行を営む場合に加入するべき保険の種類とは 民泊運営代行業を営む場合においては、民泊運用において発生する可能性がある火災や事故などといった様々なトラブルに対する補償を提供しているサービスに加入しておいたほうが望ましいといえます。では、その種類に関しては何が挙げられるのかについてですがまずは民泊適⽤保険というものがあります。これは、通常の一般住宅で加入している火災保険ではカバーされない領域の補償が利用できる点で有用であるため民泊運営代行業を運営する場合には加入は必須といってもいいでしょう。
それから、民泊サイトのホスト補償制度ではカバーされない部分でも代金を代わりに負担してくれる点もメリットとしては大きいです。例としては、ゲストに起因する火災や水漏れなどによって生じる深刻な破損や汚損に対しても適用される仕組みであるため困ったときには頼りになります。最近ではこうした補償サービスのほか注意喚起POPなどを組み合わせたパック商品も販売されていますので、活用していくと便利でしょう。

新着情報

◎2019/3/7

気になる水回りもキレイに
の情報を更新しました。

◎2019/1/15

プロによる掃除で安心
の情報を更新しました。

◎2018/11/2

日本の観光業界を変える?
の情報を更新しました。

◎2018/9/7

面倒な清掃も民泊運営代行にお任せ
の情報を更新しました。

◎2018/6/8

保険選びもサポート
の情報を更新しました。

◎2018/5/16

サイト公開しました

「民泊 制度」
に関連するツイート
Twitter